株式会社インターリンク

上級者向け(使う人のあまりいない)の特殊な(微妙な)サービスを提供する株式会社インターリンクです。 https://www.interlink.or.jp/

株式会社インターリンク

上級者向け(使う人のあまりいない)の特殊な(微妙な)サービスを提供する株式会社インターリンクです。 https://www.interlink.or.jp/

    マガジン

    • 連載「オフィスをなくしたら、みんな幸せになれた!」

      2020年6月にオフィスを完全閉鎖しロケーションフリーなノマドワークとなったインターリンクの社長がリアルオフィスのなくし方「32名の会社をフルテレワークにした方法」を具体的にご紹介します。

    最近の記事

    iDeCoが65歳まで加入できることになったので申し込もうとしたら、なかなか大変だったという話

    当社インターリンクのちょっとオタクな社長は今年61歳になりました。社長が自分の年齢を実感したのは2回あり、1回目は骨髄バンクドナー登録が55歳の年齢制限で抹消になったことだそうです。恥ずかしながら私は社長が骨髄バンクドナー登録をしていたことも、55歳の年齢制限があることも知りませんでした。誰かの役に立てることは若いうちにしておかなくてはと思った次第です。しかし若いとはいつまででしょうか。 社長が自分の年齢を実感した2回目はiDeCoの年齢制限だそうですが、こちらはすでに年齢が

      • W杯グループ2位通過を目指すなら、絶対勝ってはいけないスペイン

        FIFAワールドカップカタール2022のグループEの次戦「日本 - スペイン」で、優勢と見られるスペインが“わざと日本に負ける”可能性があるそうです。わざと負けるとはどういうことでしょうか。 前回のW杯では日本代表も「自ら負けを選んだ」と言われ批判された試合がありました。しかし常に全力ではなく、目標をどこに定めるかによって調整することは戦略と言っても良いのかもしれませんね。 さて本当にスペインはわざと日本に負ける戦略で来るのでしょうか。以下、インターリンク社長の考察です。

        • 祝!ドイツ戦勝利、W杯グループリーグを勝ち抜く確率計算の話

          C言語を使って「W杯グループリーグを勝ち抜く確率を計算する」ということは、IT企業に勤めながらプログラミング知識の全くない広報部の私には神の領域なのですが、プログラマーにはこんなサッカー観戦の楽しみ方もあるのでしょうか。 2022年W杯は4年前と同じ初戦勝利となったので、同様の計算が成り立つようです。インターリンク社長の分析を見てみましょう。 祝!ドイツ戦勝利、W杯グループリーグを勝ち抜く確率計算の話昨夜のワールドカップサッカー、日本対ドイツの試合、すごかったですね! こ

          • iPhone 写真の時差問題がいつのまにか解決!現地時間が表示されるように

            インターリンクは、部署によっては海外出張がとても多い会社です。当社インターンシップもシリコンバレーで実施していました。海外旅行が好きな人にとっては仕事とはいえ、とても魅力的です。それがここ数年はコロナのため事実上鎖国状態となり海外出張はありませんでしたが、今年後半いよいよ復活しました。その久々の海外出張でインターリンク社長はあることに気が付きました。iPhone写真の時差ボケが治っていたのです。 一体どういうことかと言うと…… iPhone 写真の時差問題がいつのまにか解決

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 連載「オフィスをなくしたら、みんな幸せになれた!」
            株式会社インターリンク

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Zoomのニセモノとして有名になったZoom

            Zoomといえば今やオンライン会議の代名詞のような存在ですが、コロナ禍前に知っていた人は少ないのではないでしょうか。オンライン会議のZoomが流行する以前から存在していたZoomというサービスがニセモノとして有名になったことがありました。今回はその原因と経緯について「あなたの知らないドメインの.世界」から紹介いたします。 余談ですが当社のインターリンクという名前を検索すると最近は美容液などの有名な商品も出てきますので、サイトに「※当社はプロバイダーです。美容液ではありません」

            2022年、最強の海外用eSIMはコレだ!海外用Wi-Fiはやめておくべきこれだけの理由

            今ではスマホを持たない海外旅行など考えられませんが、iPhoneが日本で初めて発売されたのが2008年、14年以上前はスマホのない海外旅行が当たり前だったのです。帰国後の空港でガラケーの電源を入れても着信メール0件、お預かりしているメッセージはありませんと機械音で告げられたときのちょっとした寂しさが懐かしいですが、今は雲の上飛行機の中でもネットは繋げます。 時は2022年、海外旅行でのスマホ事情もまた大きく変わりました。インターリンクのちょっとオタクな社長がオタク力を遺憾なく

            オンライン診療を受けてみた〜そろそろハゲそうなので…

            インターリンクは定年退職送別会をオンラインで行ったことを以前noteでご紹介しました。 オンライン結婚式、オンライン葬儀など、人生における大舞台までもがオンラインで行われる時代となりました。 そして今回、インターリンク社長は「そろそろハゲそうなので」という理由でオンライン診療を受けてみました。社長がオンライン受診をしたこの理由は、VHSとベータの覇権争いでVHSが圧勝して広がったある理由と同じように、今後オンライン診療が広がるきっかけとなるのではないか、と社長は予想していま

            WeWorkを半年使って、わかったこと

            今回のタイトル記事「WeWorkを半年使って~」がインターリンク社長によって書かれたのは新型コロナの第三波只中である2020年11月でした。当時「コワーキングスペースやレンタルオフィスを運営している会社は、今は戦国時代」と書かれていますが、その後も着実に拡大しているようです(参考「日本のコワーキングスペースの拡大」)。都心だけでなく、地方のリゾート地を活用した立地も進みつつある、というのは興味深いですね。 当社が契約したWeWorkのWeメンバーシップは海外の拠点も使えるため

            海外向けの文書はレターヘッドが必須。日本で言えば、レターヘッドは社印のようなもの。

            日本では「ビジネスは名刺交換から始まる」という言葉があるようですが、同時に不要だと思うビジネスマナーランキング1位に名刺交換の所作が君臨しているように、細かなルールが多くて煩わしいものでもあります。近年はオンライン商談も一般的になり、名刺文化は消えるのではないかとも言われていますね。例えば欧米では以前より名刺は「連絡先情報が記載されている紙切れ」程度の扱いでさほど重要視されていなかったようです。日本と海外のビジネスルールの違いは興味深いですね。 今回インターリンク社長は日本で

            週休3日の大成功事例「鶴巻温泉 元湯・陣屋」に泊まって考えた

            インターリンクは2022年5月より週休3日制度を試験導入しています。 インターリンクの一般社員である私はこのことを会社員の友人に伝えると、大概「羨ましい!」と言われ、次に「進んでる会社だね!」と言われます。私も大変嬉しいことなので、試験導入期間後も継続されるよう、週休3日でも問題がないこと、いやそれ以上の成果を出せることを証明したいところです。週休3日はほとんどの従業員ならば喜ばしいことだと思いますが、では顧客や経営者の立場からはどうでしょうか。週休3日の大成功事例としてイ

            NTT西日本の障害発生時の告知が90分後になることについて

            NTT西日本の障害発生時の告知が90分後になることについて2022年8月25日、NTT西日本が大規模な障害を起こし、インターネットが使えない、遅いという事象が起きました。 当社も小さいとはいえ、インターネット接続事業者ですので、どんなに注意しても障害は起きてしまうことは知っていますから、これまで障害を起こした会社には同情的な発言が多かったと自覚しています。 今回も障害が起きたことを厳しく責めるつもりはありません。 ただ、障害が起きたという第一報自体が発生後90分してから

            高額で取引される車関連のドメイン

            1980年代後半、時はバブルの真っ盛り。花金はソバージュの女性がアッシー君にディスコまで送ってもらいボディコンでイケイケだった時代、財テクで土地を転売するいわゆる「土地転がし」をしている人々がいました。 土地を転がしていた人々の多くはバブルが弾けた後に借金を抱えて消えましたが、この土地転がしと同様な「ドメイン転がし」は果たしてドメインの世界にも存在するのでしょうか? 高額で取引される車関連のドメイン車や乗り物関連のドメインは高額で取引されているのをご存知ですか? 2020

            マストドンを持って街へ出よう!

            1995年にプロバイダー業務を開始して27年目を迎えたインターリンクは、現在までに5冊の書籍を執筆しました。 今回は2017年、SNS界のニューフェイスとして誕生したマストドンが日本で注目を集めたまさにその年に出版された『自宅・ノートPC インスタンス構築ガイド ~マストドンを持って街へ出よう!~』を当時のブログを振り返ってご紹介いたします。 自宅・ノートPC インスタンス構築ガイド ~マストドンを持って街へ出よう!~「書を捨てよ、町へ出よう」と言ったのは、寺山修司です

            最近買って良かったもの〜プラス ローラーケシポン

            最近買って良かったもの〜プラス ローラーケシポン コロナになって、宅配受け取ることが格段に増えましたよね。 そこで大活躍してくれているのが、こちら プラス 個人情報保護スタンプ ケシポンです。 私が使っているのは、カッターがついていて箱を開けることができる、ローラーケシポン箱用オープナーというものです。 まず、宛名シールにスタンプします。スタンプというか転がします。 そして、カッターを出して箱をあけます。 カッターの刃は割と頑丈なので、厚めのダンボールでも余裕で

            2ちゃん降臨時の約束

            TikTokやInstagramなどのSNSが台頭する以前、匿名掲示板2ちゃんねるが隆盛を極めた時代がありました。2015年にはインターリンクの社長自らが2ちゃんねるに「降臨」してユーザーの方々と話し、ある約束を果たしました。 当時のツイートではさらに20年後?に再び降臨、と書いていますので次は2035年になるのでしょうか。2ちゃんねるは現在5ちゃんねるとなり、ユーザー(いわゆる「ねらー」)の年齢層は40~50代、ネットの老人ホームとも言われますが、SNS全盛の現代でも生き

            「.top」、“ビキニ”は認めても“ブラジャー”は認めない

            普段は意識しないのにあなたの生活にも自然に溶け込んでいるドメインという存在。 例えば今あなたがご覧になっているこのサイトにもドメインがあり、ここはインターリンクの独自ドメイン interlink.blog を使用していますが、このサイトはnoteをお借りしているので本来noteのドメインはnote.com、実はこれも2019年にnote.mu から note.com にドメイン移行したものです。 インターリンクはドメインに関する情報サイトを以下3つ、運営しております。 ドメ