見出し画像

~ミシュラン三ツ星レストランで社長と語る会2023~日本料理「龍吟」

2023年の社長と語る会は「ミシュラン三つ星しばり」。第1回はフレンチの名店「カンテサンス」、第2回は中国料理で唯一の三ツ星「茶禅華」でした。
第3回目は和食です。今回もインターリンク社長自らの全力食レポとなりますが、一社員の私としてはレポ内にも紹介があるお店の細かなルール「素敵な時間のために・・・」も読みごたえがありました。お店の格式、お料理、そして器への深い愛情を感じ、行く前から背筋が伸びる思いです。

~ミシュラン三ツ星レストランで社長と語る会2023~日本料理「龍吟」

ミシュラン三つ星しばりの社長と語る会、和食編です。

今回は、ミッドタウン日比谷内にある龍吟に行ってきました。

ミシュラン三つ星レストランでは、写真撮影NGだったり、ラフすぎる恰好はNGだったりします。こちら龍吟さんは、写真はNGではないけれど、このように撮影してくださいという撮影方法がWebに記載されている「注文の多い料理店」です。宮沢賢治の「注文の多い料理店」の場合、こちらが食べられてしまいますが、そんなことはありませんでした(笑)こちらのページにこのお店でのルールが詳しく書かれています。

ミッドタウン日比谷でエレベーターに乗りますが、なんとその階は龍吟だけなので、専用エレベーターという感じです。

日本刀が展示されていますが、その横に、ミシュランマンがいますね!

さて、食事の紹介です。特に印象に残ったものを紹介させていただきます。

まずは大蛤。すごく美味しかったです。私はあわびより蛤派です。

うにの軍艦のように見えますが、なすの上にうにが乗っています。

こちらは毛蟹です。ジュレとの相性も抜群。

季節柄、前回の中華「茶禅華」でも鮎でしたが、こちらでも鮎が出てきました。

2匹出たのですが、少食な私は1匹でよかったかな(汗)

茶禅華で出た鮎と、なんとなく似てるなぁと思ったのですが、実は茶禅華の川田シェフは、龍吟で修行したことがあるそうです。こちら

大井川の共水鰻です。シェフがこの鰻にどれだけこだわりがあるかは、こちらのページをご覧ください。

今回の社長と語る会も、おいしいものをいただきながら、いろいろなことを話すことができました。


この記事が参加している募集

#一度は行きたいあの場所

51,365件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!