Adobe Scanはコーヒーのシミも消す、 テレワーカー必須の神アプリ
見出し画像

Adobe Scanはコーヒーのシミも消す、 テレワーカー必須の神アプリ

「テレワーク必須アプリ!」などの特集をよく見かける昨今、まだそうした特集の神7圏外ではあるもののキラリと光る推しアプリをちょっとオタクなインターリンク社長が見つけたようです。

「シミも消す」というとどんな美容アプリかとときめいてしまいそうでしたが、それは仕事に欠かせない実用的な神アプリでした。

画像1

使ってない人も割と多いようなので、すでに各所で紹介されていますが、Adobe Scanを紹介させていただきます。このアプリは、スマホが超優秀なスキャナーになってしまう、というものです。テレワーク に欠かせないアイテムの一つです。さらにスキャンしたデータは、そのままクラウドに保存されるので、もう本当にお手軽です。

”写真撮ってから保存まで、若干時間がかかる”
”アドビドキュメントクラウドがちょっと重たい”

という点はマイナスですが、そのマイナスを大きく上回るメリットがあります。

簡単に手順を説明します。今回はセゾンカードから来た封筒を読み取ってみます。

書類を置いて、Adobe Scanのカメラマークを押すと、勝手に文書を探し出し、四隅を探す青い点が動きます。

画像2

上の写真では四隅がずれていますが、ほんの1,2秒すると、ちゃんと探し出して、”勝手に”シャッターを切ります。明るさが足りない場合は、iPhoneのライトも自動でつけてシャッターを切ります。

今回は、わざと封筒を斜めにし、さらに、真上からではなく角度をつけてiPhoneをかざしました。

また、封筒の上部がちょっと茶色くなっているのは、私がコーヒーこぼしてます(笑)

画像3

それがこんな風に読み取られます。

今回、宛名その他はモザイクいれさせてもらいましたが、文字もはっきり写ってますし、斜めに置いたのがまっすぐになっていて、さらにコーヒーの汚れまで落ちています!
(文書名「セゾン」は私が自分で入力しました。デフォルトは日付です。)

また、印影作成にも便利です。
印影データを作るのには、通常は、写真撮影してから、Photoshopなどで白抜きをする必要があります。これは結構面倒。しかしAdobe Scanを使うと・・・下記をごらんください。
コーヒーの染み抜き同様、紙の色も真っ白に漂白してくれ、白抜きも自動でやってくれるのです。

1、紙に印鑑を押して、iPhoneで撮影したもの

横山

2、その写真をAdobe Scanで読み込んだもの

横山2



また、文書ファイルに印影が必要なときにもとても便利です。

ファイルをメールで添付したいときは、「共有」から選べます。

「電子メール」を選択すると、リンクが相手に送られます。ファイル本体を送りたい場合は、「コピーを共有」→「ファイルを保存」でいったんiPhoneに保存し、あとでそれを添付します。この操作が私には最初ちょっとわかりにくかったです。基本、アドビドキュメントクラウドを使わせようという戦略のようです。

将来、社会全体が完全ペーパーレスになれば、スキャンという作業自体が不要になるかも知れませんが、過渡期においてスキャンはどうしても避けられません。小型のスキャナーもありますが、普段使いのスマホでここまでできるなら、一度に数枚程度のスキャンは、これで十分ですね。もしまだ使っていない方は是非試してみてください。きっと気に入ってもらえると思います。

(ちなみに当社のサービスとは全く関係ありません)

上級者向け(使う人のあまりいない)の特殊な(微妙な)サービスを提供する株式会社インターリンクです。 https://www.interlink.or.jp/