見出し画像

connichiイベント2013 ドイツ

社歌の名前が「オタクノミカタ」であるインターリンクは、パリのJapanExpo、ハワイのKawaiiKon、オーストラリアのAVCon、台湾の台北国際動漫節など、世界の様々な国のオタク系イベントに出展、参加して参りました。
インターリンクの社長自らも、かなり遠くのイベントにも足を運んでいます。今回は今からちょうど10年前の2013年に参加した、ドイツのカッセルで行われているconnichi(コンニチ)という、日本では今なお無名ながらも熱いコスプレイヤーが集うイベントのレポートを「ちょっとオタクな社長ブログ」より紹介いたします。

connichiイベント2013 ドイツ

ドイツのカッセルというフランクフルトからICEという特急で約90分のところで、9/13から9/15、connichi(コンニチ)という日本のアニメ、ゲーム関連イベントがあるというので行ってきました。

会場はカッセルコンベンションセンター。立派な建物です。

多くの参加者が会場前にいました。

内部はこんな感じです。

Tシャツや小物を売るお店や

日本の雑誌を売るお店、

BL系を売るお店などなど。

100店舗くらいだったでしょうか。

他のイベントに比べて、お店は少なめです。


参加者の多くがコスプレをしていて、体感でコスプレ率50%以上という感じでした。

欧米人が大好きなゾンビ。

ピースをしてくれました。日本のことを良く知っています。

ちなみに、写真を撮る時にピースをするのは、日本だけです。

魔法少女まどか☆マギカです。

魔法少女まどか☆マギカのストーリー上、ワルプルギスの夜が大きな意味を持っていましたが、ドイツには本当に「ワルプルギスの夜」があります。

4月30日の夜に、ブロッケン山に魔女が集まる、ということで、各地で催し物があるようです。

その影響でしょうか、魔法少女まどか☆マギカのコスプレが多かったように思います。

少し流行遅れな、ローゼンメイデンの水銀燈も何人かいました。

やはり魔女系が好きなのかも知れません。


会場の裏手には公園があり、そこは、コスプレ広場と化していました。

ここで、美少女着ぐるみ発見。

日本製かも?

着ぐるみも、かなりの勢いで広まっているようです。

着物を着て、絵を描いている日本人の方もいました。

事前に調査したところ、3日間で15,500人の動員で、日本のアニメ・マンガファンによるイベントとしては、ドイツ最大規模、ということでした。

駅についたときは、人もまばらで、本当にここでイベントなんてあるのか?という感じでしたが、すごい盛り上がりで、15,500人という主催者発表は間違いないと確信しました。

また、著名人を招いて観客動員をはかるわけではなく、本当に好きな人たちだけが集まって楽しんでいるという点も、とても良かったです。

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!