iPhone,Macで新型コロナワクチン予診票をきれいに書く〜PDFを編集すると尊敬される?!意外と知られていないApple製品のPDF編集機能
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

iPhone,Macで新型コロナワクチン予診票をきれいに書く〜PDFを編集すると尊敬される?!意外と知られていないApple製品のPDF編集機能

昔々、「仕事は先輩の背中を見て覚えるもの」という時代がありました。令和の時代にこれをすると放置プレイと言われかねませんね。そもそも背中を見ても何をやっているかよく見えないし、わかりやすいマニュアルを作ってくれた方がずっと効率が良いでしょう。
新しい分野の古き良き日本の会社を目指すちょっと先行くインターリンク、という多面的な特徴があるわが社の社長は、この面では自らマニュアルを作ってくれるような人です。
今回は、iPhoneでPDFを簡単に編集する方法を画像化して丁寧に説明していますので、ご参考にどうぞ。

iPhone,Macで新型コロナワクチン予診票をきれいに書く〜PDFを編集すると尊敬される?!意外と知られていないApple製品のPDF編集機能


スクリーンショット-2021-08-12-18.10.54-722x1024

ワクチン接種の予診票をMacで記入して行ったら、看護師の人に、「どうやって書いたんですか?みんなでびっくりしてたんです」と言われました。家族も同じことを言われたようで、逆に私がびっくりしました。PDFをいじると、尊敬されるようだ!?と。

一般的には、AdobeのAcrobat(リーダーは無料だけど、有料のもの)を利用するなどして編集するわけで、それなりに準備が必要です。

しかし!

iPhoneを含むApple製品には、プレビュー という超賢いアプリがついています。そのアプリで簡単に編集できるんです。このことがどうやら意外と知られていないのです。

ネットにはたくさん出ているわりに知らない人が多いので、今回は、新型コロナワクチン予診票を例題に、iPhoneでPDFを編集する方法を書きます。記入箇所も多いので、Macがある人は、Macの方が簡単です。操作はほぼ同じです。

(ただし、市町村によっては、複写式の用紙を利用している所もありますので、ここで紹介する方法ではダメで複写式用紙に手書きをしてくれと言われる場合もあるかもしれません)

まずは、厚労省のページから予診票をダウンロードして、iPhoneに保存します。

iPhoneでリンクをクリックすると、PDFがすぐに表示されます。

画像2

この画面は見るだけで編集ができません。(手順としては、PDFファイルとして保存して、その後、そのファイルを編集することになります。)

一番下の真ん中にあるアイコンをクリックします。

画像3

「コピー」「リーディングリストに追加」よりもっと下にスクロールします。

画像4

「”ファイル”に保存」をクリック

画像5

「このiPhone内」もしくは、「iCloud Drive」どちらでもいいので保存します。

画像6

次に「ファイル」というアプリを起動し、さきほど保存したファイルを開きます。

画像7

右上の鉛筆マークをクリック。

画像8

右下の+マークをクリックして、「テキスト」を選択。

画像9

画面真ん中に「テキスト」という字が出てきているのがわかると思います。このフォントだと大きすぎるので、小さくします。左下の「ぁあ」をクリック。

画像10

文字の大きさが大きすぎるので、スライドを左に動かし、最小にします。

画像11

最小にすると、あら不思議、真ん中の「テキスト」という文字がちょうどいいサイズになりました。

あとは、テキストボックスに文字を入れて、移動させていくだけです。

覚えておきたいことは、

1)操作ミスなどして、線を引いてしまったりしたら、すかさずアンドゥをする。アンドゥアイコンはこれ

スクリーンショット-2021-08-13-10.18.15

2)テキストボックスの移動は、テキストボックスを選択したあと、長押ししたまま指を移動させます。コツをつかめば簡単ですが、最初のうちは、余計な線を引いたりします(笑)

3)丸をつける場合、テキストボックスに「まる」と入れて変換する。
 いくつか○が出てきます。太さや色が違うので良さそうなものを選ぶ。

4)チェックボックに印をつける場合も、テキストボックスに「ちぇっく」と入れて変換する。いくつか出てくるので、たとえば「✔︎」を選ぶ

5)電話番号など数字を1つずつ枠内に納める方法は2つあり、
 1文字ずつテキストボックスを作っていれていく、もしくは、スペースをうまい具合に入れていく。

下記がサンプルです。○や✔︎もこんな感じになります。

画像13

編集が終わったら、印刷です。iPhoneから印刷するなら、コンビニプリントが簡単です。ちょっと高いですが。

本当にMacやiPhoneのプレビューは便利なので、是非お試しください。

ただし、元のPDF文書の文字の変更はできません。文字を付け足すだけですが、書類の記入など、通常はこれで十分です。

上級者向け(使う人のあまりいない)の特殊な(微妙な)サービスを提供する株式会社インターリンクです。 https://www.interlink.or.jp/