見出し画像

iPhoneにくっつくAnkerモバイルバッテリーを試してみたら70%充電だった

足を引っかけてつまずいたり鞄の中で自在に絡まっていたりと電源ケーブルの煩わしさに悩まされているインターリンク里子です。
今回、インターリンク代表がケーブルがいらないiPhoneにくっつくAnkerモバイルバッテリーについて熱く語っています。そして今回もインターリンク自社製品とは全く関係ないサービスです・・・。

以下、代表横山のレビューです。

画像1

非接触充電MagSafeがiPhone12に搭載されています。

便利でいいのですが、充電速度が遅くなるというデメリットがあり、使っていませんでした。この前、散歩をする時にバッテリーがなく、いつも通りモバイルバッテリーからケーブルを伸ばしたのですが、MagSafe使えばお手軽なのでは?と、AnkerのPowerCore Magnetic 5000 を購入してみました。

iPhone12にそのままくっつきますが、ケースをつけているとくっつきが弱くなってしまうというので、MagSafe対応のケースも買うことにしました。

画像2

白い部分が磁石になっています。

各社から出されていますが、モバイルバッテリーは発熱もありますし、信頼のおけるApple純正を買うことにしました。

モバイルバッテリー Anker PowerCore Magnetic 5000 3,990円  MagSafe対応iPhone 12 Pro クリアケース 6,050円

モバイルバッテリーを使いたいために、ケースを購入するのですが、ケースの方が高かった!

しゃぶしゃぶ食べ放題の店に入ったら、お肉は食べ放題だったけど、タレが有料だったくらいのショックを受けました(笑)

しかし!

このクリアケース、手触りもよく、高級感があります。さすがに高いだけある、と思いました。(本当にそうか?と言われると疑問です。高い金額を払ったことに対して、自分を納得させようとしているだけかも知れません)

さて、実際に使ってみます。

夜、寝る前にバッテリーをつけ、就寝しました。

朝起きてみると、フル充電になっていなかったのです!

画像3

充電前の電池残量をメモしてませんでしたが、たしか4%くらいでした。それが73%になったので、69%充電したことになります。

なにかミスしたかもと思い、再度、チャレンジしました。

画像4

今回は充電前が18%、充電後が89%でした。こちらは71%です。(昼間でしたが、なるべく使わないようにしていました。)

私のiPhone 12 Proでは、3時間で70%回復する、という感じです。

USB-Cの18W充電器をコンセントにつなげば、30分で50%回復してくれるので、コンセントを使えるかどうかが、このモバイルバッテリーを使うかどうかの分かれ目になりそうです。

自由に動けて3時間で70%  vs  動けないけど30分で50%

の戦いですね。移動の自由をとるか、効率をとるか?!

つまり、

1日中外出しているような時、たとえば、当社がやっているドメイン島めぐりでは大活躍してくれそうです。

6
上級者向け(使う人のあまりいない)の特殊な(微妙な)サービスを提供する株式会社インターリンクです。 https://www.interlink.or.jp/