見出し画像

世界一安全(だと私が思う)クルマを買いました

株式会社インターリンク

現在は「若者のクルマ離れ」などと言われていますが、その理由の1位に深刻な「免許離れ」があるようです。すでに若者とは言えない私も運転免許がないので当然クルマを持っていません。クルマ離れの解決方法は「完全自動運転(レベル5)」になってドライバーという概念がなくなり、クルマの運転に免許証が必要なくなることではないでしょうか。そして高齢者が免許証自主返納後もクルマに1人で安全に乗り続けられる未来が理想ですね。
しかし「自動運転になったらクルマを買う」と言い続けたインターリンクの社長は自動化を待ちきれず、現時点で世界一安全なクルマを購入したようです。

世界一安全(だと私が思う)クルマを買いました

クルマを持たない生活を10年以上続けてきました。

「自動運転になったら買う」

と周囲には言っていたのですが、なかなか完全自動運転にはならなそうです。技術的には絶対に可能だと思うのですが、いろいろハードルがあるのだと思います。

最近は、クルマを必要とする場面が増えてきたこと、安全運転支援機能が充実したクルマが出てきていることもあって、安全性を重視してクルマ選びをはじめました。

国産車だけでなく、外車も視野に、ネットや友人知人からも話を聞いて情報収集しました。

そして、選んだのは、本人もびっくりの、

SUBARU LEVORGです。

選んだ理由は、安全性能がもっとも高そうだったからです。

SUBARUは走り屋のイメージがあって、まったく当初は考えていませんでした。

ただ、振り返ってみると、今から30年くらい前ですが、私はSUBARUのAI(ニューラルネット)に関する研究のお手伝いをしたことがあります。その頃からSUBARUはAIに関する研究を続けてきたのかも知れません。

さて、選んだ理由ですが、簡単に3つにまとめると、

①国交省と独立行政法人自動車事故対策機構が行った2020年度の自動車安全性能評価で1位です。2位は93%なので、5ポイントも離しています。

つづいては、トップの意気込みです。

②こちらの記事

スバル 中村社長、「本気で死亡交通事故ゼロを目指していく」。2030年の実現へ向け、技術シナリオ初公開

そして、

③実際に数値的な裏付けもありました。

【大幅減! 事故率0.06%】スバル・アイサイトの実績 ぶつからないクルマ、本当に実現可能なのか?

Youtubeにあがっている動画もとてもわかりやすいです。

機能を列挙すると、

プリクラッシュブレーキ
前側方プリクラッシュブレーキ
緊急時プリクラッシュステアリング
青信号お知らせ機能
後退時ブレーキアシスト
AT誤発進抑制制御、AT誤後進抑制制御
アレイ式アダプティブドライビングビーム
ツーリングアシスト
スバルリヤビークルディテクション
エマージェンシーレーンキープアシスト
ドライバーモニタリングシステム
渋滞時ハンズオフアシスト
渋滞時発進アシスト
アクティブレーンチェンジアシスト
カーブ前速度制御
料金所前速度制御
ドライバー異常時対応システム

こんな感じです。

周囲に、クルマ買ったよ、と言うと、たいていの方は、

「テスラ?」

と返してくるのですが、私は以前から、日本、ドイツ、イタリアのクルマが好きなのと、販売店が全国になくメンテナンスが不安なので、テスラは考えていませんでした。

LEVORGを買ってまだ2ヶ月ですが、安全運転を心がけています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
株式会社インターリンク
上級者向け(使う人のあまりいない)の特殊な(微妙な)サービスを提供する株式会社インターリンクです。 https://www.interlink.or.jp/